医療機器販売のモリワカ 医療コラム

 


デモンストレーション 2014-05-07

デモンストレーション

先日、医用テレメータ用送信機ZS-630P<日本光電>とアルコー30型<星光医療器製作所>のデモンストレーションを行わせて頂きました。(エンジニアリング事業部、中村メンバー)


①医用テレメータ用送信機ZS-630P<日本光電>
1.•小型・軽量(約125g)。病棟やGCUで、患者さんに負担の少ない大きさ
2.心電図・呼吸・SpO2値を測定・送信
3.•電極装着時にその場で波形を確認出来る有機ELカラー画面付

●より詳しくは以下のホームーページをご覧下さいませ
http://www.nihonkohden.co.jp/iryo/products/monitor/02_monitoring/zs630p.html





②アルコー30型<星光医療器製作所>
1.パーキングロック機能
2.グリップ角度調整機能
3.日常生活に便利なかご付

●より詳しくは以下のホームーページをご覧下さいませ
http://www.aruko.co.jp/info_frame.htm



【全国どこでも】
『人と医療を繋ぐモリワカ』は、医療、福祉に必要な全ての製品の取り扱いをしております。
ご購入、デモのお問い合わせは御気軽にご連絡下さいませ。
info@moriwaka.co.jp
083-252-1899

専務の森若からメッセージ 2014-05-01

専務の森若からメッセージ

①【成長産業であるヘルスケア】
2035年には介護ロボット市場は4000億円超、経済の成長エンジンになることが明らかになりました。医療機器市場もこれからも益々、グローバル、ローカルともに拡大する見込みです。

モリワカは、CTや透析装置などの医療機器や介護用の特別浴槽をはじめ、ヘルスケア全てに関わるデバイスの販売、セッティング、またレンタル、修理、メンテナンスを行わせて頂いております。

さらに、経営コンサルティングの事業では、国内外の企業や医療施設のクライアントの経営に対する難題の解決、新規事業などの経営サポートも承っております。


②【ビジョン】
創業42年を迎えたモリワカが掲げるビジョンは、「より健やかな人生の為にイノベーション(革新)を起こす」(Innovations for a Healthier Life)です。その為に、日々、モリワカファミリーは、世のため、人のために、常にチェンジし、チャレンジしております。


③【医療イノベーション】
2014年4月より、「Innovation Forest」というプロジェクトをスタート致しました。
医療ヘルスケア産業の革新と、新市場の創出に向けた活動を開始。弊社メディカルイノベーション事業部と九州大学、九州工業大学とのコラボレーションにより、グローバル医療エコシステムの構築を図ります。


*Innovation Forest (Facebook)
https://www.facebook.com/pages/Innovation-Forest/1435965606642946



④【採用情報】
東京、福岡、山口エリアでの社員採用やパートナー採用し、モリワカが掲げるこのビジョンを共有し、ヘルスケア産業をはじめ、様々な企業や病院の経営サポートをし、社会に貢献できる企業を目指します。

国内、国外問わず、様々な業種、人種との共存共栄、より健やかな世界にするために一層、サービス展開、イノベーションを起こして行く所存です。

それには、もちろんヘルスケア産業でのキャリアがあるメンバー採用を加速するとともに、仮に経験がなくても、デザインや動画を撮る技術がある大学生、高校生の採用も一部ですが考慮致します。

また、医療器械や福祉機器、リハビリテーション機器、医療アプリケーション等の開発を手がけてみたい、すでに経験がある方はご連絡ください。

*『モリワカ採用情報』:http://moriwaka.co.jp/recruit.php


⑤【家族経営企業のワークカルチャー】
モリワカファミリーの目指す理想の職場とは、様々な人種が励まし合い、笑い合い、求め合い、世の中の様々なニーズに応えられるべく、子供、大人、シニアまでが働ける国際的な会社です。留学生も御気軽にインターンシップ採用についてお問い合わせ下さい。

モリワカのファミリーの家族経営企業ならではのカルチャーを体験し、今後の日本の留学がより一層素晴らしいものになればと思っております。

皆様、成長産業であるヘルスケア産業で、少数精鋭で社員一人一人のやりがいや生き甲斐を見つけられる弊社で、モリワカファミリーの新たなメンバーになり、一緒にヘルスケア事業を通じて、世の為、人の為に、社会貢献致しませんか?

人と医療を繋ぐモリワカで「より健やかな人生の為に革新を起こす」というビジョンに共感し、一緒に世界と日本のために社会貢献したい方を心よりお待ちしております。

写真:森若は、カモンFMに出演して、「働き方」について熱く語りました。



⑥【モリワカファミリーとお掃除&朝英会話】
写真:森若も毎朝楽しく、モリワカファミリーと掃除をして、その後に、英語ミーティングをしております。


⑦【美しい環境】
写真:モリワカ本社ビルから、徒歩3分〜5分で、綾羅木海水浴場に着きます。凄く綺麗です。


文:専務取締役、森若 幸次郎(英語名:ジョン)

卓球 & ジム 2014-05-01

卓球 & ジム

Moriwaka Family Gym & Table Tennis at Moriwaka Medical Head Office in Shimonoseki City, Japan.

モリワカファミリーは、モリワカ本社ビル(4F)に、卓球と筋力トレーニングマシーン、エアロバイクを設置致しました。


朝から、雑談しながら、筋力トレーニングも出来ます。


楽しくみんなで卓球が出来る様になり、最高にハッピーです。


モリワカファミリー、みんな、良い腕してます。皆様もご来社の際は、私達と卓球しましょう。

総務部の吉田メンバー VS. ストーマ事業部の白石メンバー


専務の森若 VS. ピーターさん。さすが上海に住んでたこともあり、ピーターさんは卓球の達人です!?


総務部の関谷メンバー VS. ピーターさん

 医工連携プロジェクトInnovation Forestがスタート! 2014-04-30

医工連携プロジェクトInnovation Forestがスタート!

Innovation Forest: Global Medical Innovation Ecosystem

モリワカでは、医療現場のニーズを的確に反映したデバイスを製作しております。医療イノベーションの為、医工連携プロジェクト「Innovation Forest」がスタート致しました。

病院・福祉施設等で、お困りの事、こんなプロダクトがあれば便利という意見をお気軽にお聞かせ下さいませ。

皆様のご意見・アイデアを元に、モリワカのメディカルイノベーション事業部と九州大学、九州工業大学の共同研究により医療デバイス開発で医療イノベーションを起こし、明日の医療を支え、より健やかな世界になれば幸いです。





●Innovation Forest(イノベーションの森) 主要メンバー紹介:
多種多様な専門家の集まり「七人の侍イノベーター」とは?

①森若  幸次郎 (英語名:ジョン)
株式会社モリワカ専務取締役/ドレメルアナリティクス 最高営業責任者/NGO国際医療協力山口の会 (IMAYA) 渉外役/経営コンサルタント:1982年、山口県下関市生まれ。2002年からオーストラリアに7年半滞在。シドニー大学で経営学、人的資源管理を学ぶ。数々のイベントを手掛け、ラジオ番組レギュラーやコラムニストとして活躍。2013年、ハーバード大学経営大学院卒業。リーダーシップセミナー等を全国各地の企業、病院、大学などで行う。下関を拠点に、東京、福岡を中心に講演、海外はアメリカ、ベトナム、シンガポール、タイ、カンボジア、中国、韓国等に活動中。

②温 暁青 [おん・ぎょうせい]
九州工業大学情報工学研究院情報創成工学研究系教授。
1986年7月清華大学計算機科学技術学科卒、1990年3月広島大学大学院工学研究科博士前期課程了、1993年3月大阪大学大学院工学研究科博士後期課程了、博士(工学)。1993年10月から1997年12月まで秋田大学講師、1998年1月から2003年12月まで米国SynTest Technologies社勤務(シリコンバレー)。2004年1月より九州工業大学助教授、2007年4月より現職。VLSIのテストとテスト容易化設計に従事。

③ステファン・ホルスト
九州工業大学大学院情報工学研究院情報創成工学研究系に助教。
2012年にドイツのシュトゥットガルト大学からコンピュータサイエンス分野の博士号を取得。同大在学中に多くの留学生にICチップの設計とテストを教えた。2013年3月に九州工業大学大学院情報工学研究院情報創成工学研究系に助教として赴任、現在に至る。論理回路のシミュレーションと診断、及び、組込みテストと医療機器への応用などの研究開発に従事。グローバル・コンピテンシー、問題解決、創造的思考を育てる新しい手法の開発や学生交流、国際インターンシップや国境を越えた教育プロジェクトのため世界的なネットワークの構築にも注力。

④アシル アハメッド
九州大学大学院システム情報科学研究院准教授、 グラミンコミュニケーションズプロジェクトディレクター。 東北大学電気通信研究所客員研究員、日本アバイア研究所、NTTコミュニケーションズ先端IPアーキテクチャセンター、 九州大学次世代研究スーパースター養成プログラム・SSP研究員、 を経て2011年4月より現職。開発途上国における社会情報基盤構築に関する研究開発に取り組む。

⑤栗林 淳也
慶應義塾大学医学部を1998年に卒業し、麻酔科医としてのキャリアをスタート。臨床医として働く一方で、彼は呼吸中枢に関する研究を2004年に始めました。2009年に慶應義塾大学で医学の博士号を取得後、彼はカナダにあるアルバータ大学で博士研究員として研究を続け、その後日本に帰国しました。彼の興味は心臓麻酔、特に経食道心エコーに移ったため、彼は2011年に北九州市にある心臓疾患の治療で有名な小倉記念病院で働くことを決意しました。彼は経食道心エコーのテストに日本(JB-POT)、アメリカ(Advanced PTEeXAM)でそれぞれ2012年、2013年に合格しました。


⑥田中 雅敏
明倫国際法律事務所 - 代表弁護士
学歴 慶應義塾大学総合政策学部 卒業
平成11年4月 弁護士登録
平成13年3月 弁理士登録
平成22年1月 明倫国際法律事務所(旧 明倫法律事務所) 設立
平成24年11月 経営革新等支援機関としての認定取得

⑦ 峰 雅紀(みね まさき)
知的財産綜合事務所 NEXPAT - 弁理士
東京大学にて物理化学・量子化学を中心に学ぶ。東京大学卒業後、実験・理論の両面から有機太陽電池をはじめとする有機電子デバイスの研究を行い、九州大学より博士(工学)を授与。大学院在籍時に環境発明家の藤村靖之氏に触発され、発明家を支援する弁理士を志す。2012年弁理士登録。
知的財産綜合事務所NEXPATでは、クライアントの事業のアイデンティティというべきアイディア・デザイン・ブランドを守り育てるために、国内の特許・意匠・商標の権利化に尽力する。加えて、米国、欧州、アジア等の外国案件を担当。法律・技術の観点から特許書類の適切な翻訳を心がけている。アジア弁理士協会会員。
2009年より、NPO法人ローカルアントレプレナースクール理事。ぬくもりある人間関係を強化するビジネスモデルの創出・普及活動中。2012年より、地域循環型経済の担い手となる起業家を対象に、ビジネスモデルを生み出すワークショップを毎月開催している。


フェイスブックページも宜しく御願い致します。
●Innovation Forest (Facebook)
https://www.facebook.com/pages/Innovation-Forest/1435965606642946

朝英会話 2014-04-29

朝英会話

Peter's English Class for Moriwaka Family\(^o^)/

毎朝、月曜日から金曜日までは、ピーターさんが楽しく、英会話をモリワカファミリーに教えて下さっております。英語で、ゲームをしたり、チームでロールプレイをしたり、発音矯正やビジネス英語も習っております。



土曜日は、軽め英会話です。1週間の出来事をペアで話し、発表します。
設置したエクササイズマシーン、エアロバイクに乗りながらLets Enjoy\(^o^)/


ピーターさんと愛犬イリス君の御散歩です。モリワカ本社ビルから徒歩2分の所に綾羅木川があります。



綾羅木川を歩いていると、、、徒歩3分〜5分で、綾羅木海水浴場に着きます。この写真は、夕方の6時頃に携帯で撮影したものなので、実際、午後に行くと海がもっと綺麗でしょう。皆様もぜひ綾羅木海水浴場に行かれてみて下さい。

company profile
083-252-1899
医療コラム

company profile モリワカリンク
山口県福祉用具協会
パラマウントベット株式会社
WELCOME TO MORIWAKA FAMILY INTERNSHIP PROGRAM
医療コンサルティングのモリワカをGoogleMapで確認する。

所在地
 下関市綾羅木本町3丁目2-21
最寄り駅
 JR山陰本線 綾羅木駅 徒歩5分